小林麻耶英語教員の資格持ってるんかw若い頃の画像と顔変わったかも

ごきげんさぁ~ん。

ちょうど彼女と一緒に、「逃走中」を見終えて
家まで送ってきたユーガやで!

Sponsored Link

いやー、今日の放送もおもろかったわ~。
頭の悪いわいでも見てればルール普通にわかるし
なんちゅうてもマエケンはんとか、本田望結はんみたいな
今をときめく芸能人のガチな様子が見れるからな~。
あえの一般人の出演者の募集とか、やってへんのかな~。
やってたら、わいガチで応募したいくらいやわ~。

ただ、あの番組の見どころとして、わいの中でもう一個
ごっつ巨大なものがあるんよな。
それが何かっちゅうと・・・小林麻耶(こばやしまや)アナの存在や!

小林麻耶
画像出典元:http://diamond.jp/

多分、2014~2015年にかけて、最もブレイクしたフリー女子アナ(元女子アナ)
やと思うから、このブログの読者はんに、今更説明はいらんと思うけど
わい、彼女の事も大好きなんよ。

今日の放送とかでも、大声出してパニックになりながら
誘惑の扉に「気づいたら入っちゃいました」なんてコメントしとる様子は
さすがにわざとらしいとは思ったけど、わいからしてみれば
彼女の表情やしぐさの一つ一つが可愛らしいし、コメントもいちいちおもろいもんな。

なんで彼女の亜希と一緒に、爆笑し萌えながら今日の放送を視聴してたわけやが
その後チラ見したツイッターの反応とかやと
やっぱ小林麻耶アナとAmiはんに関しては
今日の放送を受けて、かなり炎上したみたいやな・・・。

まぁ、彼女らの行動を見てれば、批判が殺到するのもわからんくはないけど
「別にええやん!かわいいから!」ってのが、わいの率直な意見やわ。

小林麻耶アナ言うたら、よう「ぶりっこ」、「痛い」、「わざとらしい」とか言われて
ブレイクすると同時に、バッシングの矢面に立たされとる印象やけど
わいからしてみれば、そこがすごいと思うんよな。

わいは、彼女を見て「痛い」とかは思わんけど
そういう意見をいう人の気持ちもわからんくはない気はする。

でも、あのキャラ、さすがに全部天然ってことはないやろうから
お笑い芸人が敢えてボケるような感覚で、「視聴者を楽しませるために」
敢えてぶりっこキャラにしてみたりって事をやってると思うんやけど
まずは、こうやって頻繁に炎上してもめげへんところが凄いと思う。

それに彼女の場合、人気、知名度、かわいさも普通にあるから
別に今のように、強烈なキャラ、個性を前面に押し出したような売り出し方をしなくても
普通に仕事が来るであろう事を考えると、そこであえて
「ウザキャラ」を演じることにより、視聴者のリアクションをとろうって言う姿勢に
なんとも言えんハングリーさというか
むしろ謙虚さ(私の人気、知名度、かわいさなら、ただニコニコして座ってる様子を見せても、視聴者の皆さんは面白くないんじゃないかしら?)
みたいなものを感じるのよ。

それに、「KYキャラ」、「ウザキャラ」っていうのは
あくまでも彼女自身が演じてるだけだろうしな。
(多分素であのキャラやったら、今のポジションまで上り詰めれなかったと思う)

「KYキャラ」、「ウザキャラ」を演じるためには
実際には空気が読めて頭も良くないとあかんやろうから
わいは、「小林麻耶アナがウザい」みたく言う人の意見には賛同できんし
根ではとても謙虚で、頭も良くて、空気の読める女性なんやろうなって
テレビを見ながら思ってるわ。
この女子アナは、今年以降、もっとブレイクするべきやし
きっとそういう流れになるやろうなって、わいは半ば確信しとるで。

 

小林麻耶って英語できんの?

そうそう、頭がいいって言うたら、この女子アナも
かつては局アナをやっとった経歴もあるわけやから
普通にお勉強ができるって意味でも頭ええんよな。

まぁ、空気が読めて計算高い頭いいと勉強ができる頭いいは違うとは思うけど
それでもどっちもバカにはできないことであることは間違いないと思うから
この事からも、小林麻耶アナが賢い女性って言えるやろうしな。

テレビでの小林麻耶アナを見て、「この人馬鹿じゃんww」みたく言うとる人は
きっとこのあたりの「わざとやってる」みたいなのを、理解できてないんやろうから
そのあたり一回考えてみたらええんやろうなって思うわ。

女子アナで高学歴言うたら、わいの中で高齢なんが「英語力」なんよな。
今の時代、逆に英語ができん女子アナの方が珍しいくらいやと思うし
小林麻耶アナも、局アナ時代とかに多少そういう英語を話す機会もあったんかもしれへんけど
この女子アナの英語って、実はわい聞いたことないんよ。

もしかして、永島優美アナみたく、英語が苦手なタイプの女子アナなのかもな~
なんて思いつつ、ちょいと彼女の英語まわりの経歴を調べてみたでぇ。
→永島優美アナの顔でかいって言うけど歯もあごも綺麗じゃね?

青山学院大学文学部英米文学科卒
資格 中・高教育職員免許(英語)

留学する事が夢だった麻耶は高校生の時にアメリカへ1年間留学
1年間の留学生活を終え帰国した時、
出発した時の倍くらいの体重になって帰ってきて、
空港に迎えに行った麻央は、誰だか分からなかったという
(この頃は、まんじゅうと呼ばれるほど顔がパンパンに)
Wikipedia、http://geinou.myblogs.jp/より

したっけこんな記載が!
なるほど、英検とかTOEICとかの成績で、何級とか何点っていう感じではなくて
英語学科卒の教員免許持ちの、海外留学経験ありのパターンか。
ごっつ英語漬けの学生時代やったんやな~。

いや~、わいも彼女が青学出身の女子アナっちゅうことは知ってたけど
まさか英語学科卒の教員免許まで持ってるとは知らんかったわ。

逆に、ここまで英語ってる学歴を持ちながら
英検やTOEICの成績を残してないことが、珍しくすら感じたな。

普通に考えて、留学経験ありって時点で
他の帰国子女である西尾由佳理アナとか、内田恭子アナ級に
英語は喋れるんやろうけど、せっかくそういうスキルを持ってるんやったら
テレビでたまには披露すればええのにって思ったわ。
→西尾由佳理アナの旦那の画像や職業と年収は?歯や鼻がきれいやな~
→内田恭子アナの鼻声で演技大丈夫?私服画像かわいいやん!
まぁ、小林麻耶アナの場合、英語うんぬんより、今売り出してる
あの強烈なキャラの方が、みんなの興味対象ではあると思うけど・・・(笑)

あと、帰国の時のエピソードがおもろいなって思ったわ。
今の小林麻耶アナを見てると、ごっつ華奢でスタイルええから
まんじゅうとか言われても想像できんけど、きっと向こうには
ハンバーガーやらなんやらおいしいものがたくさんあるから
ついつい食べ過ぎてまったんやろうな。

なんか、このエピソードも、小林麻耶アナらしいなって思ったわ(笑)
そのうち、姉妹で番組に共演するようなときに
その時の写真とか、出てこんかな・・・(笑)

Sponsored Link

若い頃より今の方がかわいいと思う!

あ、そうそう。
そういえば、昔の小林麻耶アナで思い出したけど
あの女子アナって、昔は今とだいぶ雰囲気違ったんよな。

わいが小林麻耶アナを初めてテレビで見たのって
多分から騒ぎの時で、その時は、メイクも髪型も顔立ちも
だいたい今と同じような感じやったって記憶しとるんやけど
たまに目にするそれ以前の高校時代とか、そのくらいの時の写真とか見ると
髪型も違うし、随分より目な感じで顔が違って見えるよな~って
昔の小林麻耶アナの画像をテレビとかで見るたびに、思ってたんよ。

中学・高校・大学時代の小林麻耶
画像出典元:http://www.logsoku.com/、http://ameblo.jp/、http://susumu2009.xsrv.jp/

左から順に、中学時代、高校時代、大学時代の小林麻耶アナやな。
特に中学時代とか、見ててそう感じるけど
なんちゅうか、今よりも顔のパーツが全体的に
中央に寄りがちな印象を受けるんよな。

もちろんこれも可愛いけど、わい的には、今の小林麻耶アナの顔の方が
かわいいかなって言うのが、正直な感想や。
好みの問題は抜きにしても、彼女の顔の印象が昔と変わってるってのは
きっと多くの人に同意してもらえると思ってるでぇ。

大学時代になると、ほぼ今と同じ顔(今の小林麻耶アナを少し若くした感じ)で
高校時代は、ちょうどその中間なんかなって感じがしたわ。
個人的に、真ん中の、高校の卒アルの小林麻耶アナは
平井理央アナにごっつ似とる気もしたわ。
→平井理央アナのゴチの評判なぜか悪くてがっかり…鼻や歯がハーフっぽいな
彼女ら、キャラも割とかぶってるところがあるけど
こう見ると、顔立ち的にも似とるな。

うーん・・・髪型とかメイクの影響もあると思うけど
やっぱ中学より高校、高校より大学時代の小林麻耶アナの方が
わいはタイプやなって思ったわ。

あと、顔とは関係ないけど、一番右の大学時代の小林麻耶アナの
から騒ぎの画像のテロップで、「22歳 大学3年」って書いてあるのも
今なら納得やなって思うわ。
だって、高校時代に学校を一年休学して、アメリカ留学しとるんやもんな。
この一年の計算のずれが、どっから来とるのかってのがわかると
なんかファンとしては優越感っていうか、嬉しいような感じになる気がするわ。

ではそんな、好き嫌いがはっきり分かれるタイプではあるけど
個人的には頭も良くて謙虚で、何より見てて面白すぎる女子アナに対しても、最後に恒例のやつを。
わいの、小林麻耶アナと結婚したい度数は・・・90や!

Sponsored Link

他にも女子アナがぎょうさんおるでぇ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ