福島敦子の夫の職業や現在の事務所は?講演とかすごっ

いやぁ、今日は久々に歩き疲れたな。
友達の雅彦と駅の紀伊国屋まで行ったんやが、スポーツマンの彼の
「家まで歩いて帰らん?」っちゅう提案を受け、つい乗ってまったからな(笑)

紀伊国屋から家までは、だいたい5~6kmの距離やねんけど
この悪天候の中、途中ガストでの休憩を挟みつつ、計1時間以上歩いて帰ってきたわ(笑)

Sponsored Link

こりゃ明日は筋肉痛のパターンやろうな・・・(笑)
帰り道は若干悲惨やったけど、今日紀伊国屋でおもろい本を見かけたんよな。
それが何かっちゅうと・・・あの福島敦子(ふくしま あつこ)アナの本や!

福島敦子
画像出典元:http://www.iikoushi.com/

元NHKの女子アナで、イチローはんのお嫁はんである福島弓子アナの
リアルお姉ちゃんのあの人やな。
→福島弓子の実家って造船業?経営会社の資産すごすぎやろww

いやぁ、フリーに転向してエッセイイスト(?)みたいな、本を出版するような活動をしとるっちゅうのは
なんとなくは聞いていたものの、まさか書店に並んでる本に、彼女のものがあるとは・・・。
有名人の書いた本やから、ある程度売れることは見込めそうとはいえ
こうやって、リアル書店で目の当たりにすると、ちょっとびっくりするものがあったわ。

で、わいもちらっと見ただけやったんやけど、確かタイトルが
「愛と平和のなんちゃら~」みたいな、経営系の雰囲気のする本やったんよな。
もちろんわいも、企業の経営なんてよう知らんし、普段そういう本を読んでるわけではないけど
なんか帰ってきてから、「あれ、さっきの福島敦子アナの本、なんてタイトルやったっけ?」って
ごっつ気になったから、アマゾンで調べてみたでぇ!

そしたら見つかったのがこの著書!
そうや、「愛が企業を繁栄させる」やな(笑)
こういういかにも小難しい本を書けるっちゅうあたり、さすがは元NHKのエリートやなって思ったわ。

 

現在までの経歴が相当凄いな(笑)

あの女子アナは確か東大出なんよな。
ちいとWikipediaで確認してみたわ。

島根県立松江南高等学校卒
津田塾大学卒業
日本航空の社員、CBC、NHKの契約アナウンサーを経て
現在はフリーアナウンサー兼エッセイストとして活躍中
Wikipediaより

あ、違ったわ・・・(笑)
わい誰かと勘違いしてるな・・・。
てっきり福島敦子アナって、東大の経済学部出身やと思ってたわ(笑)

そっかぁ、津田塾大かぁ。
いや、もちろんそれでも十分立派な学歴やと思うし
こういう華々しい学歴、職務経歴のある著名人ってだけで
人々はその人の意見に耳を傾けるものやからな。
彼女が書いた本が売れるのにも納得って感じやなって思ったわ。

それにしても、経歴が凄いな(笑)
今や、女子アナの場合、入局までの経緯が

  • 現役で大学入学
  • 大学をストレートに卒業
  • 就職浪人せず現役で入局

っていう感じになるのが当たり前みたいなところがあるからな。
時代が違うとはいえ、3度目の就職でNHKの女子アナにたどり着くっていう経歴は
かなり異質に見えたわ。

一応現在の肩書きが「フリーアナウンサー兼エッセイスト」とはなってるが
今後彼女がフリーアナウンサーとして活動することはあるんやろうか・・・。
なんかそういう疑問を感じてまうくらい、久しくテレビで見てない気がするから
昔NHKアナ時代の彼女を見てて、「ええな~」って思ってた人間としては
なんか寂しい気もするわ。

Wikipediaによると、一応「フリーアナウンサー」っていう肩書きも現在は持ってる
とのことやけど、この女子アナの今の所属事務所はどこなんやろうか・・・?
セントフォースとかの大手っちゅう感じは絶対せえへんし
かといって心当たりがあるわけでもないから、ちょいとググってみたでぇ。

福島敦子事務所
http://www.atsuko-fukushima.com/より

したっけ、福島敦子アナ本人のオフィシャルウェブサイトから
こんな記載を発見!
事務所名の下に住所とか連絡先(仕事の依頼の場合の)が書いてあるし
これが事務所名なんやな。
どう見ても思いっきり個人事務所って感じしかせんけど(笑)

>福島敦子アナ本人のオフィシャルウェブサイトの該当ページ<

なるほどな~。
「アナウンサーも、執筆もやるフリーランス」みたいな感じで
これまでの多彩なキャリアで培ってきた経験、スキルのようなリソースを
個人で売れ出してるっちゅう感じなんやな。

いや、これからは、「個人が会社に頼る時代」ではなしに「個人の時代」なんて言うし
こういう活動で生み出せる価値って大きいやろうから
きっと人々に感謝されながら大きく稼いでるんやろうなって思ったわ。

あと、福島敦子アナのオフィシャルサイトを見ててすごいなって思ったのが
「講演」の2文字や!
さっきのコンタクトフォームとかもそうやけど、「講演の依頼はこちらへどうぞ!(連絡先)」
みたいな感じで書いてるんよな。

経済の他、コミュニケーション、環境、地域再生、農業など現代社会の問題をテーマにした講演やフォーラムでも活躍。
Wikipediaより

Wikipediaにもこんな記載があるくらいやし、食、経済をはじめとする色んなことに詳しいんやな、この人は。
きっと一回講演を依頼すると、ウン十マンとか取られるんやろうけど
それでもきっと仕事が来るんやろうし、凄い人やなって感じがしたわ。

「元女子アナ」の大成の仕方ちゅうたら

  • 妹の福島弓子アナみたいに、ごっつ稼ぐ旦那と結婚する

っちゅうのと

  • 小林麻耶アナとか平井理央アナみたいに「タレント化」する

くらいしか、わいは思いつかんかったけど
こういうふうに、素の自分のスキルや経験を売りにして、個人で活躍してくっていう
「真っ向から生きてく」みたいな方法もあるもんな。

言われてみれば、これが一番王道的って感じもするし
彼女の事務所のホームページを見てて、ただただ凄いなって圧巻されたっちゅう感じやったわ。

Sponsored Link

いつ誰と結婚したんやっけ?

そうそう、福島敦子アナ言うたらついつい経歴に目が行ってしまいがちやけど
わい、私生活に関しても気になっとることがあるんよ。
それが何かっちゅうと、結婚に関してや!

既婚者で、随分前に結婚しとる人っちゅうことは知ってんねんけど
旦那はんの職業とか一切知らんかんな。
ちょうどええ機会やし、開いてるWikipediaで確認してみたでぇ!

2003年にNHK職員と結婚(夫は福島家の婿養子に入っている)
Wikipediaより

あ、そうなんか!(笑)
わいてっきりその辺の一般男性かと思ったけど、違うんやな。
いや、Wikipediaに具体的な名前やなくて「NHK職員」って書いてあるあたり
少なくとも著名な人物ではないし、一般人は一般人って呼んでええんやろうけど
わいは、その辺の局関係者やない会社員やと思ってたわ。

2003年っちゅうことは・・・・それでも福島敦子アナはもう40歳過ぎか・・・。
こういう「仕事の出来る女性」タイプの人は、得てして晩婚やなって思ったわ。

そっかぁ、NHK職員か~。
こういう綺麗な人と結婚できるっていうのは羨ましい限りではあるけど
自分の女房が講演とかやっちゃうくらい仕事の出来るキャリアウーマンってのは
旦那としてどう感じるんやろうな。
将来女子アナと結婚したいってガチで思ってるわいとしては
そのあたり気になるところやなって感じがするわ。

では、既婚者やけど、そんなフリーアナウンサーとしての活動も少しは再開してほしい女子アナに対しても
最後に恒例のやつを。
わいの、福島敦子アナと結婚したい度数は・・・60や!

Sponsored Link

他にも女子アナがぎょうさんおるでぇ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ