伊藤友里の美脚がかわいい!私服やすっぴん画像と学歴が気になる

あかんあかん!
今朝、珍しく寝坊してもおた!

起床時間的には、9:44で
サンデーモーニングを見たい人間としては
完全にアウトな時間帯やったもんやから
一瞬、「もしかして、今日のサンデーモーニング、見逃した?」って
ガチで思ってもおたわ。

Sponsored Link

でも、結論から言うと問題なかったんよな(笑)
最近、日曜の朝はゆっくり寝とることが増えたから
サンデーモーニングも、録画予約ん中入れたんよ。

まぁわい、日曜でも基本早起きな人間なんやけど
「こういう事も想定しとかんとっ!」って思って準備した矢先の
さっそくの寝坊とは、ごっつタイミングがええなって思ったわ。

わいの中でのサンデーモーニングを見る目的の60%程度は
唐橋ユミアナ目当てなんよな。
→唐橋ユミの体重やスリーサイズは?鼻が時東ぁみに似てるよな

まぁ、あの女子アナのメガネの似合い方は異常やし
あの、40歳とは思えんくらいの綺麗さに魅了されとる男性視聴者は
わいだけやないと思う。

ただ、唐橋ユミアナの他にも、最近わいの中で
人気急上昇中な女子アナがおるんよ。

それは・・・伊藤友里アナや!
やっぱ普通に美人やし、あの色白でふわっとした感じがたまらんなって思う。

「一般男性の理想の彼女像」ってきっと
こういう性格がおっとりしてそうな美人タイプの女性なんやろうなって
最近、伊藤友里アナの事を見るたびに思うんよ。

この女子アナは、今年の春くらいに、滝本沙奈アナと入れ替わったんよな。
わい実は、滝本沙奈アナの顔が相当タイプやったし
前はかなり滝本沙奈アナ目当てにサンデーモーニングを見とった部分があったから
最初この交代を知った時は、かなりショックやったんよ。

まぁ、これは他の番組とかでもそうやけど
やっぱ自分のお目当てのキャスターの担当が外れると、寂しいものがあると思う。

伊藤友里アナの事は、もともと嫌いだったわけではないけど
「あぁ、前にめざましテレビのイマドキガールやった人やん!」
くらいにしか思ってなかったんよな。
でも、さすがにこう毎週、あのかわいい顔を眺めてると
普通に惚れてきたわ(笑)

やっぱ女子アナは顔やなって思う(笑)
こんなことを女友達に話すと
「ユーガ、あんたかわいけりゃ誰でもえーよな?」みたいにつっこまれるけど
わいもそれは否定せえへん(笑)

っちゅうか逆に
「いや、わいに限らず男性視聴者が美人が好きやから、女子アナはみんなかわいいんちやうの?」
って開き直りたいくらいやもんな。
うん、やっぱ女にとってそのくらい顔って大事やと思うし
美人が嫌いな男っておらんなって思うわ(少なくともテレビとかで見とる分には)。

 

でも、一番の魅力はその美脚やと思う!

実はわい、この女子アナを最初見たのって
確か何年か前のサッカーかなんかの中継の時やったんやけど
ぶっちゃけ初めて見た時の第一印象は
女子アナにしては、随分派手な子やなぁって感じやったんよな。

まぁ実際、所属もセントフォースやし
位置づけとしても、タレントと女子アナの中間みたいなところがあるから
それも当たり前っちゃあ当たり前なんやけど
最初見た時は、普通にTBSとかの女子アナやと思ってたから
「この女子アナ、チャラ過ぎ!アイドルかっ!」
みたく思ったのを、今でもはっきりと覚えとるんよな。

でも、さすがはタレント業もやっとるってだけあって
スタイルの良さも、平均的な女子アナより、がぜん上やと思うんよな。

普通にモデル級の体型やと思うし、よくミニスカートとか履いとる姿を見るけど
足とかごっつ細長いからな(笑)

伊藤友里の美脚
画像出典元:本人のアメブロ

うん。
「女子アナっちゅうたら美脚」みたいな風潮がある中
対して女子アナの足に対してこだわりがないわいでも
普通にこの綺麗な足は見とれてまうわ。

例えばNHKとかの女子アナが、こんなミニスカートを履いてテレビに出とったら
流石に局のイメージ的におかしなことにもなると思うし
視聴者にも色々言われると思うけど
こういう「キャスター、リポーター役もやるタレント」っていう立場で
こういうミニスカート姿とかで中継をする分には、なんの問題もないし
ただただ可愛いって感じやからな。
女の子やし、こういう可愛い格好どんどんしてほしいってわいも思うわ。

それにしても長い足や。
この女子アナの股下が何cmなのか、ごっつ気になるなって思ったわ。

 

私服やすっぴん画像も可愛いんよな

最近では、わいもすっかり伊藤友里アナのファンになってもおたから
本人のアメブロとかをよく拝見するんやけど
彼女の日記の文章を読んで、投稿されとる画像を見るたび
どんどんその魅力に魅了されてっとる自分がおるんよな。

伊藤友里アナのブログの画像って、見ればわかるけど
めちゃくちゃ画像が多いんよ!
もちろん、「今日はこんなとこ行きました!」とか「こんなもの買いました」みたいな
物とか風景の画像もあるけど、必ず一枚は本人の画像を入れてくれとるんよな。

これはファンとしてはごっつ有り難いし、わいもこの伊藤友里アナの画像目当てで
伊藤友里アナのブログの読者になってる部分は大きいと思う。

で、見てて思うのが、体型もモデル級にええけど
この女子アナは私服ものセンスも、モデル並みにお洒落やなっちゅうことなんよな。

伊藤友里の私服
画像出典元:本人のアメブロ

うん、わいなんかが見ても、普通にモデルやん!って思うもんな。
無難な感じからは少し外して個性を出しつつ、かわいい感じは醸し出す
みたいな感じがごっつええなって思って、いっつも見とるんよな。

やっぱ、わいみたく「伊藤友里アナって人そのもの」に興味がある人間からしてみれば
こうやってブログにたくさんの画像を掲載してくれとるのは
ごっつ有り難いことやと思う。

あと、これは伊藤友里アナのブログの読者を少しやっとればわかることなんやけど
伊藤友里アナの私服って、ごっつスカート率が高いんよな。
まぁ、スリムな体型を活かして、デニムスタイルとかもごっつ似合いそうではあるけど
もともとかっこいい系っちゅうよりは、どう考えても可愛い系の顔の人やし
わいは、伊藤友里アナにはやっぱこういうスカート系が似合うなっちゅう気がしとるわ。

あと、これも前にブログを見ててたまたま見つけたんやけど
この人はすっぴんも超可愛いんよな!
そんとき感銘を受けた画像がこちら!

伊藤友里のすっぴん
画像出典元:本人のアメブロ

「すっぴんでもかわいい」とかそういう話やなくて
「っちゅうかこれ、メイク時となんか違うの?」っちゅうのが、率直な感想やったわ(笑)
でも、たしかに本人はすっぴんですって言ってるし
読者も、「すっぴんでも超可愛いですね!惚れ惚れします!」みたいなコメント打っとるからな(笑)

なんか、ここまでくると、逆に嫌味にすら感じてしまう可愛さやと思う、うん(笑)
「女はメイクで化けるし、メイクしちゃえば元は関係ない」っていう事実はあるにせよ
やっぱ男も女も、すっぴんが可愛い女の子が理想で、そういうのに憧れてる部分はあるもんな。
あー!わいもこんな美人の彼氏になりたいもんやわー!

Sponsored Link

学歴ってどんな感じやの?

そうそう。
あと、伊藤友里アナ言うたら、前から機会があったら調べようって思ってたのが
学歴周りなんよな。

リポーターやアシスタント的な役柄もよく見かけはするものの
普通にお天気とかのキャスターもやっとるのを見たことがあるし
そうなると、必然的に高学歴であるはずではあるんやけど
一体どこの大学を出とるんか、全然見当もつかんのよな。

ちょいとWikipediaを見て確認してみることにしたわ。

小学3年生から3年間をアメリカ合衆国で過ごした帰国子女
西南学院中学校・高等学校卒
高校の文化祭ではファッションショーのモデルを務めた
立教大学文学部英文科へ進学し、在学中のタレント活動を経て卒業後、現在に至る
Wikipediaの情報

あぁ、なるほどな~。
なんか、この可愛さとか、普段の感じを見てると、女子アナっちゅうよりは
アイドルやタレントに近いんじゃ・・・っちゅう気がせんわけでもないけど
こうやって経歴を見ると、ごっつ女子アナそのものやなって思ったわ。

それにしても、まさかの帰国子女っちゅう感じやったわ(笑)
伊藤友里アナを見て、きっと頭のええ人なんやろうなぁっちゅう気は漠然とするものの
彼女が英語を話しとる姿とか見たことないし、想像できひんもんなぁ。
いやぁ、こりゃぜひ今度見てみたいもんやなって思うわ。

高校時代のモデルの経歴も、ごっつ納得やなって思った。
「どおりであのスタイルの良さ、あのファッションセンスの良さ」っちゅう感じやな。

あと、立教大っちゅうのは今更驚きもせんけど
わい、この時期に伊藤友里アナがタレント活動を始めたっちゅうのは、初耳やったわ。
てっきり、「昔からセントフォースに所属して、ちょこちょこメディアに出てたけど
そのうちリポーターとかお天気コーナーとか、女子アナっぽいこともやるようになった」
っちゅうような経緯やと思いこんどったからな。

そっかぁ、帰国子女かぁ。
そりゃ立教大の英文科にも受かるよなぁ。
なんかここ3か月くらいは、わいもかなり伊藤友里アナに惚れてきたし
この顔、このキャラは万人ウケするであろうことを考えると
個人的には女子アナとしても、タレントとしてももっと売れて欲しいなっちゅう気がするわ。

では、そんなわいの中で人気急上昇中の女子アナに対しても、最後に恒例のやつを。
わいの、伊藤友里アナと結婚したい度数は・・・85や!

Sponsored Link

他にも女子アナがぎょうさんおるでぇ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ